当サイトはまもなくhttp://machikun.la.coocan.jp/aaaaaa.htmへ引越しとなります。ブックマークしていただいている方には、お手数ですが、変更をよろしくお願いいたします




クリスマスソング
本にならなかった本の原稿

マタイ受難曲のページ

バッハのマタイ受難曲を素人なりに解説しています。人類が作り上げた最高の叡智をご堪能ください
地域医療のページ
地域医療をしながらいろいろ感じたことを書いてみました。




マイエッセイのページ
人生論、教育論、政治や
社会について気ままにつづったページです。



わが家のビオトープ池             海水魚飼育事始
似顔絵ギャラリー
ウィンドウズ付属の「ペイント」を使って似顔絵を書いています。現在約900人の似顔絵があります。

音楽エッセイのページ
翻訳を含めたこれまでに書いた音楽に関するエッセイがあります。


モーツァルトの教会音楽

その価値の割には不当に看過されているモーツァルトの教会音楽にスポットを当てました。

中世音楽史のページ
MIDIコーナー
MIDI日本の歌・世界の歌
なつかしのあの映像コーナー
これまで作ってきたMIDIが2000曲近く、また「YouTube」の懐かしい映像へのリンクもあります。一部の曲はQuickTimeでは聞けません。
平成30年ミニコラム
平成29年ミニコラム
平成28年ミニコラム
平成27年ミニコラム
平成26年ミニコラム
平成25年ミニコラム

平成24年ミニコラム
平成23年ミニコラム
平成22年ミニコラム
平成21年ミニコラム
平成20年ミニコラム
平成19年ミニコラム
平成18年ミニコラム
平成17年ミニコラム
リンク集
普通にリンク集です。

第一次安倍内閣から第二次安倍内閣へ(YouTube物語)
たかじん
社説資料集
発言小町おもしろ発言集
電力関係リンク集
参考図絵1
参考図絵2

Emiさんの絵コーナー 政治漫画いろいろ 自己紹介

ミニコラム
防衛”省”で本当によかった 稀勢の里と辺野古移設、再生可能エネルギー

防衛省が韓国に抗議=合意反し協議内容公表―レーダー問題

1/16(水) 19:12配信

 韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐって日韓実務者が14日に開いた協議に関し、防衛省は16日、在日韓国大使館の武官を同省に呼び、申し合わせに反して韓国側が内容を一方的に公表したとして抗議した。

 公表内容の一部は事実と異なるとし、撤回も求めた。16日の自民党会合で防衛省が明らかにした。

 防衛省の担当者は自民党会合で、シンガポールでの実務者協議の内容は公にしないことで合意していたと説明。また、海自機の飛行をめぐり、韓国国防省の報道官が「艦艇の乗組員が危険を感じるほどの雰囲気だったという点について(日本側が)うなずく部分もあった」と話した点などに関し、「事実ではない」と述べた。 

【関連記事】
記事内容とは関係ないことですが・・・

日本には長らく、防衛省はなかった、あったのは、防衛”庁”である。

実は、防衛省より一足早く”省化”した省庁がある。そう、環境省である。

環境省はもともとは環境”庁”だった。その発足は、1971年である。日本で公害問題が広汎に起こり、当初は腰が重かった政府が、やっとその重い腰を上げてできた”庁”であった。環境ブームに乗った、といってよい。

環境問題はしかし、環境庁ができたころがピークだった。環境庁ができたから環境問題が解決していった面も否定はできないかもしれないが、さあこれから、というよりは、やっと先が見えた、段階での設置であった。

こうした状況であったにもかかわらず、2001年の省庁再編の折りに、どさくさにまぎれて”省化”してしまった。

2001年当時は、環境庁の生みの親であった公害問題はとうに終結しており、したがって環境庁のするべき仕事は減っていたはずであり、少なくとも、”省化”などする必要はなかった。

しかしちょうどその頃、環境ホルモン問題が起こった。環境庁は、それを利用して、さらには省庁再編ブームを利用して、ちゃっかり”省化”を果たしたのである(ちなみに、現在、環境ホルモンを問題にする人はほとんどいない。あれは環境”省化”のために作られた罠だったのか、と勘繰りたくなる)。

当時私は、不思議でならなかった。なぜ日本は、防衛庁を見捨てて、環境庁を環境省にしたのか、と。どうみたって、いくら環境ホルモン問題があったとはいえ、国家にとっての優先順位は、国防>環境だろう。環境庁を廃止しろとは言わないが、どちらを先に”省化”するのならば、それは明らかだろう。

私には詳細はわからないが、当時の内閣があまり防衛問題に熱心ではなかったことは間違いない。自社連立内閣から数年しか経っておらず、日本全体もまた、今から思えば、非常に左に寄っていた時代でもあった。

しかし、2007年、第一次安倍内閣は、日本にとっては当然せねばならないことをやってくれた。防衛庁の”省化”である。日本に、防衛省が出現した。

防衛庁長官は、防衛大臣になった。第一次安倍内閣は1年内閣のきっかけとなり、非常に評判が悪かったが、実は、このような画期的なことをやっていたのだ。

今、韓国のこのような不当な活動がなされている時、抗議をする相手が”省”と”庁”では大違いであろう。ただでさえ、日本のことなど無視しがちなかの国なのだ。1Agency(庁)が抗議したところで屁の河童だろうが、さすがにMinistry(省)からの抗議ではまったく無視するわけにもいくまい。何せ、序列を重んじる国なわけだから。

何気ないことかもしれないが、記事に踊る”防衛省”の文字を見る時、「安倍さん、よくぞ防衛庁を 防衛省にしていてくれましたね!」と思わず、お礼を言いたくなってしまった。
稀勢の里がついに引退した。

私はずっと以前から、稀勢の里はもう横綱を張るのは無理だ、と思っていた。素人目から見ても、身体に張りがないし、動きがあまりにぎこちなかった。

だが、多くの人は、稀勢の里はまだ頑張れる、と言っていた。先場所、あの体たらくだったのに、”専門家”集団であるはずの横審は、9人全委員の満場一致で「激励」を決議した。

シロウトの私は、目を疑った。それはもう、無謀としか、思えなかった。なぜ横審ともあろうところが、あのような希望的観測しかしないのか、横綱の権威はどうなるのか、と訝った。

横審の期待はやはり結局裏切られ、稀勢の里はまったくいいところがなく、引退に追い込まれた。私は、稀勢の里を出場させ続けた横審の責任は大きいと思う。

おそらくは本当は、稀勢の里自身も、横審も、わかっていたのではないか。こうなることを。

しかし、久々の日本人横綱誕生、とのことで、「少しでも稀勢の里には長く活躍してほしい」という世間からの声が無視できなくなってしまった。

よく覚えているが、稀勢の里が30歳で横綱昇進した時、杉山邦博元NHKアナは、テレビで「とにかく5年は頑張ってもらわないと・・・」と言っていた。

あまりにも世間からの期待が大きく、本人が実力以上に評価されてしまった結果、引くに引けなくなってしまったのかもしれない。


●稀勢の里と辺野古移設問題、再生エネ
稀勢の里を見ていると、私はどうしても、辺野古移設問題や再生可能エネルギーを思い出してしまう。共通しているのは、”あらまほしき結末”を願うあまりの、あまりにもひどいご都合主義である。

どうしても稀勢の里に横綱にいてもらいたい、というあまりに強い願望は、どうあっても辺野古への基地移設(ちなみに彼らは”基地建設”と言う)を受け入れたくない人たちの願望、あるいは、どうしても再生エネを推進したい人たちの願望に通じる。彼らの願いどおりになることは、稀勢の里が横綱を続けるのと同様、きわめて困難、というか、不可能であるのに。

辺野古移設に関しては、要は、では普天間基地をなくすためには、どうすればいいのか、ということなのである。日本人横綱を維持するためには、本来その実力がなくなった稀勢の里に頑張ってもらうしかなかったのと同様、米国が政策を変えて沖縄から撤退することを期待するしかない。それは100%あり得ないことなのに、それを期待する。

再生エネに関しては、要は大規模蓄電が実用化できるのか、に尽きる。それができない限り、いつまでも火力発電におんぶに抱っこの状態が続く。個人レベルでは蓄電池利用が可能になったとしても、システム全体でオフグリッドでの電力供給がペイするのか、ということだ。実力を失った稀勢の里に日本人横綱維持を期待するのと同様、できない蓄電池技術に期待しているわけだ。


●期待は裏切られ続けてきた
残念ながら、世の中は、こうした「あらまほしき結末」に期待を持つ人があまりにも多い。稀勢の里に関しては、ここまで連敗が続いたにも関わらず、いまだに「少し休んでまた再起して欲しかった」だの、「ひとつでも白星が出ればそれをきっかけに横綱相撲が戻る」などと言っている人がいる。

辺野古移設問題にしても、再生エネにしても、「辺野古以外の移設先は必ずある」だの、「大規模蓄電池は将来必ず実用化する」だのと言っている人がいる。

私の知る限り、こうした”あらまほしき結末”が実際に実現されたことは、残念ながら、ない。

私は医師だから、たとえば、世間が「奇跡の回復!」などと言っても信じないが、実際、そうなったためしはない。小林麻央さんの時でも、「奇跡の回復」を信じる意見がずいぶんあったが、残念ながら結果は、予想通りにしかならなかった。

かつて’70年代頃までには夢があった。がんは治ると信じられていた。核融合とまではいかなくても、核燃料サイクルは実用化されると信じられていた。地震は予知できるようになる、と信じられていた。脳性まひは治せる、と思われていた。人は火星に行ける、と信じられていた。宇宙旅行がに日常化する、と信じられていた。

’70年代の「あらまほしき結末」は、今ではすべて不可能であることが実証されている(火星は旅行はいまだに信じている人がいるようだが)。人類は無限に万能ではないのである。

最近、長崎新幹線で、FGTの技術が断念された。実現のためにはどうあっても必要な技術であっただけに、この断念の悪影響は大きく、佐賀県の同意がない場合、リレー方式が続くことになる(平成30年10月25日当ミニコラム参照)。新幹線の時間短縮効果は、ほとんど見込めず、かえって従来線沿いの自治体の過疎化が加速化される結果となるだろう。

このように、”あらまほしき結末”に過度の期待を持つのは、危険である。確かに夢がないと言えばそうであるが、それでも無謀な夢を見て、それを実現させようとする具は避けたいものである。



2002.3.8サイト開始        
御意見ご批評をお待ちしています
政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば「あれは秘書のやった こと」と嘯いて、
自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。(鳩山語録)

鳩山由紀夫「秘書の犯罪は議員の犯罪」 2002年加藤紘一秘書事件時
 【沖縄・普天間問題】民主党・田村議員「地元の意見聞く必要ない!」   
民主党 鳩山総理、沖縄県民に約束!『普天間飛行場は県外移設』
民主党マニフェストへの質問 1
低線量被爆
井上準之助最期の演説(現在に通じること多し)

あるサイトにこんな記事↓がありました。作り話ではないようですので、本当だと思った方はこの記事をコピペしてたくさん広めましょう(平成18年1月20日;最初の一文でググったら、12件ヒットしました)

小泉純一郎の人となりを示す8年前の出来事

私が小泉純一郎という政治家に強烈な印象を受けたのは、1997年の事だった。
当時、橋本内閣の厚生大臣だった小泉は国会議員永年在職(25年)表彰を辞退した。

永年在職表彰を受けると、国会議員には2つの特典が与えられた。
ひとつは、国会が100万円出して画家に肖像画を描かせ、国会の委員会室に飾ること。
もう一つは毎月30万円の特別交通費支給だった。

しかし小泉は 「自分が国会議員をやってきた25年間のうちに国の財政も悪化してきた。その責任を担っている 自分が表彰を受け、特典を得るのはおかしい」という理由で、本来堂々と受け取れるはずだった 「名誉ある特典」を自ら拒否したのだった。

月額30万円というと大した事無い様に感じる人もいるかもしれない。しかしこの年額360万円 の特別支給は非課税で、しかも引退後も終生支給を受けられると言うまさに国会議員の「既得権益」 そのものだった。

実際、この「既得権益」を自ら手放すなど前代未聞だった。「変人」の面目躍如である。 肖像画を辞退した政治家は過去3名いたらしい(成田知巳、伊東正義、渡部一郎)が、 特別交通費はしっかり受け取っていたようだ。「政治腐敗を正す」はずだった社民党や共産党の政治家も、みな例外なくこの既得権益の恩恵に預かっていたのである。このニュースは当時マスコミもそれほど大きく取り上げなかった記憶がある。実際このエピソードは現在でもそれほど広くは知られてはいないようだ。メディア向けのパフォーマンスではなかったところに意味がある。こういうエピソードにこそ、その人間の本質が表れる。以後、小泉純一郎は個人的に「最も注目すべき政治家」の1人になった。


そして、その3年半後、小泉内閣が誕生した。就任後、小泉が真っ先に手を付けた改革の一つが国会議員改革だった。国会議員歳費法改正案など関連法案が可決され、永年在職議員の特典制度は2002年4月をもって廃止されたのである。
発電設備量単位 W
発電量単位 Wh
日本全体の発電量 約1000TWh
日本全体の発電設備 約2億5000万kW
太陽光発電設備1kWで、年に1000kWhの発電が可能。
一般的には1kWの設備でその5倍の発電、すなわち年5000kWhの発電が可能。
消費税1% 約2兆円
日本全体の太陽光発電量設備量 2017年12月 4300万kW
日本全体の太陽光発電申請量 2015年3月 1億kW
日本全体の買取総額 約1.8兆円(2014年)年額5688円増
2030年見込み 約1.4億kW 約6.1兆円 年額 1万7000円増
自由化による電力料金上昇
火力発電の構成
スペインにおける再生可能エネルギー導入の状況と課題

業務用
業務用