+++

当サイトはまもなくhttp://machikun.la.coocan.jp/aaaaaa.htmへ引越しとなります。ブックマークしていただいている方には、お手数ですが、変更をよろしくお願いいたします




クリスマスソング
本にならなかった本の原稿

マタイ受難曲のページ
バッハのマタイ受難曲を素人なりに解説しています。人類が作り上げた最高の叡智をご堪能ください
地域医療のページ
地域医療をしながらいろいろ感じたことを書いてみました。

マイエッセイのページ
人生論、教育論、政治や
社会について気ままにつづったページです。

わが家のビオトープ池
似顔絵ギャラリー
ウィンドウズ付属の「ペイント」を使って似顔絵を書いています。現在約900人の似顔絵があります。
音楽エッセイのページ
翻訳を含めたこれまでに書いた音楽に関するエッセイがあります。

モーツァルトの教会音楽
その価値の割には不当に看過されているモーツァルトの教会音楽にスポットを当てました。
海水魚飼育事始
MIDIコーナー
MIDI日本の歌・世界の歌
なつかしのあの映像コーナー
これまで作ってきたMIDIが2000曲近く、また「YouTube」の懐かしい映像へのリンクもあります。一部の曲はQuickTimeでは聞けません。
平成29年ミニコラム
平成28年ミニコラム
平成27年ミニコラム
平成26年ミニコラム
平成25年ミニコラム

平成24年ミニコラム
平成23年ミニコラム
平成22年ミニコラム
平成21年ミニコラム
平成20年ミニコラム
平成19年ミニコラム
平成18年ミニコラム
平成17年ミニコラム
リンク集
普通にリンク集です。

第一次安倍内閣から第二次安倍内閣へ(YouTube物語)
たかじん
社説資料集
発言小町おもしろ発言集
電力関係リンク集
参考図絵1
参考図絵2

Emiさんの絵コーナー 政治漫画いろいろ

ミニコラム
2人の”マオ”の共通点 ”大臣”は世の縮図
フィギアスケートの浅田真央選手が引退したが、その引退時期に疑義を挟む人もいるようだ。つまり、引退が遅すぎたのでは?ということである。

確かにそのような意見は、ある意味、正鵠を得ている。

もともと、浅田選手のピークが14〜5歳であったことは、医学的に見ても間違いない。彼女が14歳でトリプルアクセルに成功したのは、彼女の当時の鉛筆のような体形そのものがトリプルアクセルに最適であったためである。

その後浅田は成長とともに、女性らしいふくよかさを帯びたが、それはイコール、残念ながら、トリプルアクセルには障害となった。増加する体重に、筋力が追い付かなくなったのである。

フィギアスケートの選手は、多くはがっちり体形である。あれだけのジャンプをこなすためには、それだけの筋力が必要なのであろう。例外が、私が知る限りでは、浅田と羽生結弦で、両者は例外的にほっそり体形である。両者は、その細さゆえに、回りやすい体形を維持し、他の選手では動員されない筋肉をうまく使っているのである。

このような浅田のフィギアは、したがって、ピークであった14〜5歳時の能力をいかに維持するかの闘いであった。19歳の時は何とかまだそれができていたが、残念ながら、技術よりは総合的にキムヨナにわずかに及ばなかった。23歳の時のバンクーバーは、確かにフリーの演技はフィギア史に残る名演ではあったが、ショートの失敗はやはり、彼女の限界を示していた。

こうして見れば、すでに25歳を過ぎた浅田の能力に限界があったことは、誰もがわかっていた。にも拘わらず、浅田は応援され続けた。

まだまだやれる、頑張れる、ソチを目指して頑張れ!

さまざまな思惑もあったのかもしれないが、そうした声の多くは善意であったと私は思う。「可能であれば」浅田のファンならずとも、誰でもそう思うはずであるし。

しかし、医学的、解剖学的、運動学的な冷酷事実は、浅田の復活を可能たらしめていなかった。

浅田もまた、本心では自らの限界に気づいていたはずだと思う。しかし、周囲の声に、やめるにやめられなかったというのが、現実だろう。

さてここで、もう一人の”マオ”に注目してみたい。乳がんで”闘病中”の小林麻央である。

私には、医学的に見て、彼女の置かれている現状は、もう一人の”マオ”と至極似ているようにしか、思えない。

周囲は、小林麻央の”治癒”を期待している。たとえば、女性セブン5月11・18日号の記事では、「母(小林麻央)が退院し、(病気が治癒して)家族団らんの日々が一刻も早く戻って来ることが待たれる。」と書かれている。

この期待こそ、まさに浅田真央への世間からの期待と同じなのである。

確かに誰もが、小林麻央の”治癒”を願っている。それは間違いない。しかし、医学的な冷酷な事実は残念ながら、こうした世間の期待に沿うことはできない。

世の中は残念ながら、すべてが”あらまほしき結果”になるわけではない。むしろ逆の方が多い。

多くの人はそれがわかっていながら、ことに公の場においては、只管、”あらまほしき結果”を追い求める。要は、本音ではなく、建て前で対処する。

しかし、そうした建て前が、案外、本人そのものには負担になることもあるのではないか。

無論、小林麻央自身は、浅田真央以上に、”あらまほしき結果”への期待ははるかに大きいに違いない。それでもやはり、自分の体調のことは自分が一番わかっているのではないのだろうか。

小林麻央にしても、浅田真央にしても、世間からの”あらまほしき結果”をあまりに押し付けてはいけないのではないか。もう少し引いて見守ってあげることも必要であろう。


基本的に、複数ある一定のポストは、@素質ある若年層の養成(ポストで育てる) A能力が最大限に発揮されている世代(ポストで働く) B盛りを過ぎた人たちへの名誉職的存在(ポストをあてがう) の3種類がある。

わかりやすい例は、NHKのアナウンサーである。たとえば、夜の7時前の番組は地方局が担当しているが、かなり若いアナウンサーが出ていることが多い。おそらくは、地方でこうした”ポスト”を経験しながら、見込まれた人材が中央へ送られていくのだろう。

夜の7時や9時のニュースなどは、まず若手は出てこず、40代後半〜50代前半程度が担当している(男性の場合)。選ばれたエリートたちが、光が当たる華やかな”ポスト”で働いている。彼らはまさに、NHKの顔である。

また、地方局などでは、もうすぐ定年か?と思われるような年配のアナウンサーもよく見る。おそらく彼らは地方でNHK人生を終えるのであろうが、定年前の花道として、それなりのポストをあてがってもらっているのだろう。

このように、どの組織においても、3種類の人事が行われていて、バランスを取っている。華やかなポストを働き盛りの長期間独占させて後輩養成を怠ると、かつてのV9以降の巨人軍のような結果になるし、能力の落ちたベテランを干すと、組織の活気がなくなる。

大臣ポストなども、こうした世間の例に漏れない。将来を嘱望された若手の登竜門としての好例は稲田朋美防衛相であろう(あまり年齢は若くはないが、当選回数は少ない)。新内閣の大臣人事などを見ても、だいたいいつも数人くらいはこのような若手が入っている。

働き盛り世代は、麻生さん、菅さん、岸田さんあたりが典型だろうが、余人をもって代えがたい人材であり、組織を背負って立つ人たちで、世の中は基本的に、このような人たちの卓抜した能力で動いているといってよい。

おそらくはどの組織にも、このような有能な働き盛りが1割程度はいるであろう。この人たちが、事実上、会社を支えているのであり、通常は給料分ははるかに超える仕事量をこなしている。

それをいかに、その他大勢にわからせないようにマネージメントしていくかが、トップの重要な仕事である。

そして上がりポスト、大臣でいえば、当選5〜6回以上経過しているが、いまだ大臣になったことがない人のための大臣ポストが存在する。復興大臣など、その最たるものなのであろう。

つまるところ、こうした大臣ポストは、下の方ですべてが決まってしまい、誰が大臣になったところで大過なく物事が進んでいる組織の長なのであろう。だから、大臣になりそこねた、多少能力が落ちる人でも務まる。

世の中にはしかし、このようなお飾り的ポストは必要なのである。現能力はともかく、過去にはそれなりの実績を上げた人(国会議員でいえば、当選回数5〜6回以上)をそれなりの待遇で迎えるようなポストがないと、うらぶれたまま定年か、という諦念が組織にはびこり、活力が落ちる。だから必要。

自民党は、小泉首相以前は、ほとんどが派閥順送りで、要するにすべての大臣ポストが(一部首相も含めて!)お飾りであった。個人の能力とは関係なく、どのポストをどれだけ取ったかが、派閥の勢いのバロメーターであった。

しかし世の中も変わり、それでは自民党が持たないと直感的に思った小泉氏が、選挙制度の変革を利用して、ある程度ではあるが、大臣ポストを能力本位に変えた。

小泉氏の教え子でもある安倍首相は小泉手法を受け継いだが、やはり”ガス抜き”は必要であり、そのためのポストは用意しておかざるを得なかった。それが今の法相、復興相などであろう。

当然、そういうポストに年功でつく人は、能力は劣るから、政治家でいえば、本物の失言をしたり、今村氏のように、サヨクのひっかけに引っかかったりしてしまう。

こういう失敗はしかし、おそらくはこういう人事をせざるを得ない日本中の組織に起こっているのではないかと思う。その意味で、今回の今村氏の更迭は、ある意味、世の常でもあろう。


平成29年ミニコラム

2002.3.8サイト開始        
御意見ご批評をお待ちしています
政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば「あれは秘書のやった こと」と嘯いて、
自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。(鳩山語録)

鳩山由紀夫「秘書の犯罪は議員の犯罪」 2002年加藤紘一秘書事件時
 【沖縄・普天間問題】民主党・田村議員「地元の意見聞く必要ない!」   
民主党 鳩山総理、沖縄県民に約束!『普天間飛行場は県外移設』
民主党マニフェストへの質問 1
低線量被爆
井上準之助最期の演説(現在に通じること多し)

あるサイトにこんな記事↓がありました。作り話ではないようですので、本当だと思った方はこの記事をコピペしてたくさん広めましょう(平成18年1月20日;最初の一文でググったら、12件ヒットしました)

小泉純一郎の人となりを示す8年前の出来事

私が小泉純一郎という政治家に強烈な印象を受けたのは、1997年の事だった。
当時、橋本内閣の厚生大臣だった小泉は国会議員永年在職(25年)表彰を辞退した。

永年在職表彰を受けると、国会議員には2つの特典が与えられた。
ひとつは、国会が100万円出して画家に肖像画を描かせ、国会の委員会室に飾ること。
もう一つは毎月30万円の特別交通費支給だった。

しかし小泉は 「自分が国会議員をやってきた25年間のうちに国の財政も悪化してきた。その責任を担っている 自分が表彰を受け、特典を得るのはおかしい」という理由で、本来堂々と受け取れるはずだった 「名誉ある特典」を自ら拒否したのだった。

月額30万円というと大した事無い様に感じる人もいるかもしれない。しかしこの年額360万円 の特別支給は非課税で、しかも引退後も終生支給を受けられると言うまさに国会議員の「既得権益」 そのものだった。

実際、この「既得権益」を自ら手放すなど前代未聞だった。「変人」の面目躍如である。 肖像画を辞退した政治家は過去3名いたらしい(成田知巳、伊東正義、渡部一郎)が、 特別交通費はしっかり受け取っていたようだ。「政治腐敗を正す」はずだった社民党や共産党の政治家も、みな例外なくこの既得権益の恩恵に預かっていたのである。このニュースは当時マスコミもそれほど大きく取り上げなかった記憶がある。実際このエピソードは現在でもそれほど広くは知られてはいないようだ。メディア向けのパフォーマンスではなかったところに意味がある。こういうエピソードにこそ、その人間の本質が表れる。以後、小泉純一郎は個人的に「最も注目すべき政治家」の1人になった。


そして、その3年半後、小泉内閣が誕生した。就任後、小泉が真っ先に手を付けた改革の一つが国会議員改革だった。国会議員歳費法改正案など関連法案が可決され、永年在職議員の特典制度は2002年4月をもって廃止されたのである。
発電設備量単位 W
発電量単位 Wh
日本全体の発電量 約1兆kWh
日本全体の発電設備 約2億5000万kW
太陽光発電設備1kWで、年に1000kWhの発電が可能。
一般的には1kWの設備でその5倍の発電、すなわち年5000kWhの発電が可能。
消費税1% 約2兆円
日本全体の太陽光発電量設備量 2015年3月 2100万kW
日本全体の太陽光発電申請量 2015年3月 1億kW
日本全体の買取総額 約1.8兆円(2014年)年額5688円増
2030年見込み 約1.4億kW 約6.1兆円 年額 1万7000円増
自由化による電力料金上昇
火力発電の構成
スペインにおける再生可能エネルギー導入の状況と課題